リズモア(Rezmore):リノホーム福岡が提案するマンションリノベーション。中古マンションを買ってリノベーションしよう!

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

マンションリノベーション「リズモア」(Rezmore)リノホーム福岡 Last Updated 2018-08-30

小上がりスペース


間仕切りは必要なく、ひとつの空間が作れる小上がりスペース。
高さは40センチくらいがおススメです。
いつでも落ち着く、くつろげる癒しのスペースとして。(天井が低いって落ち着くんです!)
ゲストを迎えるスペースとして。

暮らしてみて、意外な感想!

小上がりをお部屋に設けられたお施主様から、暮らしてみてからの意外な感想も。「腰かけにちょうどいい!!」子供たちもゲストの方も、いつの間にかここに腰かけているそうです。(右写真)すでに腰かけつきの小上がり

他の部屋とは違う雰囲気にして楽しむことも

(左写真)間接照明も設置して明りの工夫も。
小上がりなら畳もいいですね!やっぱり畳の空間ってホッとします。琉球畳を使用して、すっきりと、京都の旅館のように・・・

下を収納として活用できるのも嬉しいです

隣接するお部屋側には引き出し収納を、奥には床下収納を設置しましょう。

掃き出し窓横の設置はおススメしません。

床との差があるため、バルコニー側の掃き出し窓横には設置が難しいです。小上がりに間仕切りを付け、お部屋として設置するときは、小窓をつけ、風通しと明り取りをするといいと思います。お部屋の小窓は、部屋の雰囲気のアップしてくれます。窓のデザインもたくさんありますので、楽しみですね。

小上がり部屋のひとくふう!

ふだんはオープンにしている小上がりスペース。ゲストのお泊り時には、閉めれるように戸を設置。(戸を使わないときのための戸の収納スペースもお部屋の設計時に設けています。)

小上がりを設置したお施主様からお客様アンケートの回答
Rezmoreではお部屋完成後1年~2年後に暮らしてみて、リフォームの感想を頂いています。


④小上がりには、ストレッチが気軽に出来、下の収納引き出しも便利に使っています。
⑩遊びに来る友人がカフェみたい、落ち着く、と言ってくれるのが嬉しいです。

写真はすべてRezmore施工のものです。(リノホーム福岡)