リズモア(Rezmore):リノホーム福岡が提案するマンションリノベーション。中古マンションを買ってリノベーションしよう!
リズモアロゴ(採用).jpg

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


マンションリノベーション「リズモア」(Rezmore)リノホーム福岡 Last Updated 2017-08-10

博多区マンションRezmoreが完成しました!LinkIcon詳しくはこちらをクリック!

★こだわりのお部屋★
1.小上がりの和室(下は収納に) 
2.明るいキッチン、リビングと小上がりの和室の側に
3.趣味のお部屋も出来ました
IMG_8719.JPG

他にもたくさん写真を完成写真を掲載しています。LinkIconこちらクリック

博多区マンションT様邸

完成予定間取り図

リノベーションのこだわりポイント

・40㎝床上げする、こあがりの和室(床下は引き出し収納・入口に縁側)
・広々としたリビング
・趣味のための多目的ルーム
・作りつけの棚や作業デスク
03.ローレル315号平面図0001 - コピー.jpg04.ローレル315号天井伏図0001.jpg

工事前のお部屋

ローレル315号 工事前間取り.JPG工事前の間取り1 (2).jpg工事前のお部屋

リノベーション・リフォームをトータルでサポートするRezmreプロジェクト。養生や近所への配慮のご挨拶から丁寧に行います。プロの設計士がお客様のニーズや予算に合わせ、図面におこし、インテリアまでトータルでサポート・提案いたします。経験豊富なスタッフだから、安心してまかせられるRezmore。お問合せは、092-592-8407 ㈱リノホーム福岡まで。

工事リポート】

2015.12.10

ほぼ完成しました、ハウスクリーニングを待つだけです。

IMG_8734.jpgIMG_8737.jpgIMG_8782.jpg

2015.12.5

すこしずつ完成に近づいています。

炊事をするのが楽しくなる素敵なキッチン、棚や建具が入りました。
IMG_8728.jpgIMG_8778.jpgIMG_8779.jpg

2015.12.1

小上がりの和室 収納もできました・洗面所に棚がつきました。

IMG_8748.jpg畳下収納も出来ましたIMG_8731.jpg

2015.11.28

小上がりの和室 形になってきました

小上がりの和室 (1).jpg小上がりの和室 (2).jpg

2015.11.27

最終床材のフローリング貼り工事が始まりました。

防音ゴムマットを敷きつめて、その上から最終床材のフローリングを貼っていきます。
最終床材のフローリング貼り工事開始 (1).jpg最終床材のフローリング貼り工事開始 (2).jpg最終床材のフローリング貼り工事開始 (3).jpg廊下部分のフローリング貼り.jpg

2015.11.27

防音ゴムマット貼り

吸音性の高いグラスウールを敷きつめた基礎床の上に、防音ゴムマットを敷きつめました。
防音ゴムマット貼り 1.jpg防音ゴムマット貼り2.jpg防音ゴムマット貼り3.jpg防音ゴムマット貼り4.jpg防音ゴムマット貼り5.jpg防音ゴムマット貼り6.jpg

2015.11.24

間仕切り基礎工事

手前が和室・奥がフリースペース.jpg手前が和室、奥がフリースペース小上がりの和室が作られるスペース.jpg小上がりの和室が作られるスペース

2015.11.18

ユニットバス組み立て工事が始まりました。

IMG_8567.jpgIMG_8570.jpg

HandLens.png
普段は見られないコンセントの裏
壁のボードを仕上げる前に、家の根幹となる配線作業が行われます。現場ではコンセントの裏側がむきだしに。壁から天井へも、配線は着々とつながっていきます。
HandLens.png
いよいよ、骨組みづくりがスタート
家の基礎となる「骨組み」です。この際に大事なことは、もうひとつ家の要となる配管を組んでいくことです。骨組みつくりと同時進行で配管の通り道もしっかり確保していきます。骨組みの下にはカラフルな赤と青の配管が通ります。(赤はお湯、青は水です。)骨組みができると、なんとなくお部屋がイメージできてきました。

2015.11.14

天井の下地が完成しました。

1 (2).jpg1 (3).jpg

間仕切り基礎工事が始まりました。

リビングから左にキッチンで、右に和室です。
1 (4).jpg1 (5).jpg1 (6).jpg
キッチン部分
1 (7).jpg

配管新設工事

トイレ配管・右が洗面
1 (1).jpg

2015.11.10

天井づくりと電気配線工事

IMG_8457.jpgIMG_8458.jpg

2015.11.7

床の基礎工事完了・新しい給排水管に交換しました。

給湯器からの給湯が可能になりました。
4-1.jpg4.jpg

HandLens.png
見えない中の部分もしっかり補強
作業がここまで進みお部屋がスケルトン状態になると、広々ときれいで、あがるときも「おじゃまします」という気分になります。
中古住宅ですので、みえない部分の壁の下地の補強もしっかりチェックし行います。微妙な隙間も職人技でしっかりカバー。こうしておくことで、壁に石膏ボードを貼るときもきれいに仕上がります。

2015.11.6

床造り(防音性を高める対策)・防音ゴムを貼るための下地貼り

床材のパーチクルボード貼りと遮音効果のあるグラスウールの敷き詰めを行いました。マンション生活では防音対策がとても大切ですね。
IMG_8423.jpg1.jpg2.jpg

2015.11.2 お風呂、キッチン、トイレ、設備最終プラン完成

【キッチン】鶴岡様邸0001.jpg【キッチン収納】鶴岡様邸0001.jpg【浴室】鶴岡様邸0001.jpg【トイレ】鶴岡様邸0001.jpg

HandLens.png
約3日でお部屋はほぼからっぽに。
解体もほぼ終了。トイレやキッチンも新品になるので、運びだされます。室内はコンクリが出てほぼスケルトン状態。スケルトン状態になると図面のちょっとした違いや、天井や壁から既存の図面にはないものが出てきたり、意外な隙間があったりということもよくあります。随時、現場で、お客様・工務店、メーカー、Rezmore担当と調整しながら、工事が進みます。
HandLens.png
いざスケルトンへ!解体がはじまりました
リノベーションの場合、お部屋をがらりと変えることがほとんどです。そのために、まず物件を解体して、何もない状態にすることから工事が始まります。工事開始から、あっという間に、スケルトン状態となります。

2015.11.2

養生・工事前準備

朝8時半時、業者さんが来てまずは、養生する作業がはじまりました。玄関周り、共用廊下、エレベーターまでとても丁寧に養生しています。マンションですので、周りの方に少しでも迷惑をかけないよう努力します。

解体

さっそく解体が始まりました。壁がひとつもないスケルトン状態までもっていきます。

間仕切壁が取り除かれ、解体はほぼ終了

1 (3).jpg1 (1).jpg